肝炎 脂肪肝 サプリ しじみ オルニチン

肝臓にいい食べ物

食事をする際には、肝臓に負担がかからない食べ方を心がけけましょう。
早食いは食べ過ぎにつながりますので、肝臓に負担をかけます。
よく噛むことで、消化も良く肝臓への負担を軽くなります。

肝臓にいい食べ物には、大豆やしじみの味噌汁、ウコン、牛乳、レバーなどがあります。
大豆には、良質のタンパク質である必須アミノ酸が多く含まれ、消化吸収の良い食品です。
必須アミノ酸は、肝臓の修復や再生に必要な栄養素のため、乳製品や動物性タンパク質の肉などに偏らずに植物性タンパク質を積極的に摂取します。
大豆には、他にもビタミンやカルシウム、カリウムなどの栄養素のほか、サポニンも豊富に含まれ、これは肝機能を正常に保つ働きがあります。
しじみにも必須アミノ酸が豊富に含まれ胆汁の分泌をよくし、肝機能を上げてくれます。また脂肪分が少ないため、肝臓への負担が少ないです。
肝臓によい食べ物を摂りつつ、食べ過ぎに注意し、メタボに成らない食生活を心掛けることで、健康な肝臓を取り戻すことが出来ます。

肝臓に悪い食べ物

肝臓に悪い食べ物と言ってまず思いつくのは脂質が多く含まれている食べ物ではないでしょうか。
特に動物性脂肪は中性脂肪となり体内に蓄積されやすいため、脂っこいものばかりの食生活を送っていると肝臓が脂質を処理しきれず、肝臓に脂肪が溜まっていきます。
この状態を脂肪肝と言います。脂っこいものや牛肉や豚肉など脂身、バターなどの動物性脂肪は食べ過ぎないようにしましょう。

糖分の摂り過ぎもよくありません。
洋菓子や和菓子、アイスクリームなど、また美容に良いとされる果物も糖分のバナナやパイナップルなど糖分の高いものは食べ過ぎないように注意しましょう。
また肝臓に悪いというとアルコールも代表的ですね。
適量のアルコールであれば、体によい効果をもたらしますが、飲み過ぎは肝臓の他にも害を及ぼすことになるのです。

アルコールは肝臓で分解されますが、その際に有害物質であるセトアルデヒドという物質が発生します。
このアセトアルデヒドは毒性が強く肝臓に大きな負担をかける物質ですので、過度のアルコール摂取は良くないのです。
またアルコールを大量に摂取することでも脂肪肝になりますので、注意して下さい。