肝炎 脂肪肝 サプリ しじみ オルニチン

オルニチンとタウリンの違い

肝臓に良いと言われている成分に、オルニチンとタウリンがありますが、共通している効果もあれば、違った効果もあります。

オルニチンはシジミに多く含まれている成分で、たんぱく質の代謝で合成された、身体の毒素を分解する作用があることで、肝臓の働きをサポートして、 正常な肝機能の働きを保ってくれます。
また、オルニチンには成長ホルモンの分泌を促すことで、新陳代謝が活発になり肌のターンオーバーが加速して美肌効果という女性に嬉しい効果も期待できます。

タウリンはカキやイカ、タコに多く含まれています。
肝臓から分泌される胆汁酸の分泌を活発にさせ、血液中のコレステロールの排出を促進させる作用があることで、脂肪が肝臓に蓄積することを防いでくれるので、 脂肪肝を改善することができます。
また、摂取したアルコールの分解酵素の働きを強める作用があることで、肝臓にかかる負担を軽くし、肝機能の低下を防ぎます。
タウリンには、肝臓でのろ過機能を活発にする作用もあるので、身体にとって有害なミネラルのろ過をサポートすることで、肝臓や腎臓の正常な働きを助けます。
さらに高血圧予防効果も期待できます。どちらも良い効果をもたらしますので、積極的に摂取したい成分であることは確かです。

また、食物だけではなかなか必要摂取量を補えませんので、世プリメントなどを上手に利用すると良いでしょう。