肝炎 脂肪肝 サプリ しじみ オルニチン

オルニチン回路とは

ヒトや動物は食事をする時に、栄養源としてたんぱく質を摂取すると、それがエネルギーとして各細胞送りだされ、生きていくことができます。
この摂取したたんぱく質は、体内で消化吸収される時に身体に必要な栄養素と、疲労の元となるアンモニアに分解されて、栄養素の方は体内に吸収されますが、 アンモニアは体外へ排出しなければなりません。
この分解を行うのが、オルニチン回路、尿素回路とも呼ばれています。

このオルニチン回路は肝臓内に存在し、アンモニアの分解を促進させることで、エネルギーの産生をサポートしています。
肝臓にはその他にもさまざまな消化吸収に携わる仕事を持っているので、オルニチンを含む食べ物やサプリメントをあらかじめ摂取しておくことで、 このオルニチン回路の働きを促進させることができます。

肝臓が疲れてしまうと、疲労感を感じやすかったり、アルコールの分解がスムーズにいかなくなって二日酔いになってしまったり、 体全体の免疫力や代謝の低下を招き、さまざまな不調の原因となってしまいます。

オルニチンの過剰摂取について

オルニチンの1日の必要摂取量は400mg〜1000mgだと言われています。
しかし、この量をしじみで摂取しようと思えば、1000個以上に匹敵するため、食物だけで補うのは難しいと言えるでしょう。
足りない分はサプリメントなどをうまく利用することをお勧めします。

体にとって良い成分だからといって、取り過ぎも良くありません。
薬ではありませんので健康被害が出るほどの副作用のようなものが出る訳では無いのですが、摂取する量は注意する昼用があります。
沢山摂取したからといって、その分身体に良い作用が働く訳ではなく、何にしても適量というものがあります。
個人差はありますが、胃腸に不快感や痛みが出たり、下痢になってしまうことがあります。

オルニチンは遊離アミノ酸の一種なので、摂取しすぎても、体内に蓄積されることなく排出されますので、取り過ぎで身体に悪影響を及ぼすことはほとんどありませんが、 お腹を壊しやすい人や、胃腸が弱っていたりする人は、摂取量に注意しましょう。
逆に蓄積されにくいですので、こまめに摂取することをお勧めします。